ワキガは子供に遺伝する!ワキガと遺伝の噂は嘘?本当?

■ワキガが遺伝するという噂の真実は、残念ながら事実です

ワキガが遺伝するという噂を聞いて、不安になっているお母さんも
少なくないでしょう。

自分のワキガは治療できたけど、子供に遺伝してしまうかもしれない・・・
そんな不安から、結婚を先延ばしにしている女性もいるようです。

実際にワキガは遺伝する特徴を持っているのでしょうか?

残念ですが、ワキガは遺伝します。

ワキガの原因であるアポクリン腺は、生まれつき形や数が決まっていて
目や鼻の形と同じように、親からの身体的特徴として受け継がれて
しまうのです。

 

■ワキガは優性遺伝!片方の親がワキガだと遺伝する

 

片方の親がワキガでも、もう一人の親がワキガじゃないなら、遺伝しない
可能性があるのでは・・・と考える人もいるでしょう。

しかし、ワキガは優性遺伝です。片方の親がワキガの場合、50パーセントもの
確率でワキガが遺伝してしまいます。

これは、遺伝子学の中では、かなり高い確率です。優性遺伝といわれると
100パーセント遺伝するようなイメージがありますが、そんなことはありません。

ちなみに、両方の親がワキガ体質の場合、子供がワキガになってしまう確率は
80パーセントにアップしてしまいます。

 

■生まれた時はわからない?子供のワキガが判明する年齢

 

生まれたばかりの子供に、ワキガの特徴である臭いにおいは
ありません。

ワキガの遺伝が判明するのは、ほとんどの場合、子供が思春期に
入ってからです。

理由は、ワキガの原因であるアポクリン腺が、二次成長に伴って
活発に働き始めるからだといわれています。

もともとアポクリン腺から分泌されるワキガのにおいは、異性に対する
フェロモンとしての働きを持っていましたから、二次成長とともに
活性化するのは当然といえるでしょう。

思春期や二次成長は、女子だと10歳ごろ、男子だと11歳ころから始まります。

ワキガの臭いにおいはいじめのターゲットにもなってしまいますので、よく
観察して、なるべく早くワキガ対策を施してあげましょう。

なお、自分と同じようなにおいを発している場合、嗅覚で気づけない
こともあります。

そんな時は子供の服の黄ばみもチェックしてみてください。

 

コメントを残す