ワキガ手術にはリスクあり。臭いワキガを手術しないで治す方法

■ワキガは手術しないと治せない?ワキガ手術の方法は?

 

ワキガを治すためには、手術が必要!といわれていますが
手術という言葉に恐怖心を抱いている人も少なくありません。

まず、どんな手術を行なわなければいけないのか、気になりますよね。

ワキガの手術にはいくつかの種類があり、もっとも多く行なわれているのが
剪除法(せんじょほう)です。

剪除法は腋の下を3センチほど切って、皮膚の裏にあるアポクリン腺を
ひとつずつ取り除いていく手術法で、費用は30万円~50万円ほど掛かります。

ほとんどの場合、保険は適用されないので、高額な手術費が必要になる手術です。

 

■ワキガ手術は低リスク、でもリスクゼロとは言い切れない!

ワキガ手術は失敗のリスクが低い手術といわれています。

手術料金は高額ですが、臭い腋臭に悩まされなくなるなら、と
手術を望む人が後を絶ちません。

たしかにワキガの手術を行なえば、ワキガの特徴である臭い
においや服の黄ばみを抑えることができます。

ただし、まったくリスクがないかというと、そんなことはないのです。

まず、剪除法でワキガ手術を行なった場合、肌に傷が残ってしまいます。

加えて、施術を行なう医師の腕によっては、アポクリン腺がまったく
取り除かれず、ワキガの臭いにおいが軽減されないこともあります。

安全な手術といっても、肌を切って行なう治療である以上、リスクゼロでは
ないということを覚えておきましょう。

 

■手術しないでもワキガは治る!手術しないワキガ対策の方法

 

ワキガの原因であるアポクリン腺を根本的に取り除けるということから
有名になっているワキガ手術ですが、費用やリスクの問題で
手を出せない人もいます。

しかし諦めないでください。

手術しないでワキガを治す方法も存在しているのです。

ワキガ用のクリームには、腋臭を抑えるだけでなく、アポクリン腺に
作用して、長期的に腋の臭いにおいを軽減してくれるものもあります。

手術しないでもワキガを治すことは可能です。ワキガ手術を考える前に
一度、ワキガ用クリームの効果をチェックしてみてください。

コメントを残す